うつ病とはどんな病気?

うつ病ご支援サイトのmainimage

うつ病では精神的な落ち込みが強くみられ、いくつかの種類に分類され自殺願望も持ってしまうケースもあります。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とはその名称の通り憂鬱であったり、気分の落ち込みがある程度以上の段階にある人、期間が長い場合うつ病と診断されます。

これは医師の判断によるものであり、神経内科など受診する事で診断を受ける事が出来ます。

またうつ病である場合は社会生活にも支障をいたしてしまうケースも多く、外因性、内因性、心因性の三つに分類されています。

ちなみに外因性のうつ病は身因性とも呼ばれており脳や体の病気が原因です。

脳の病気ではアルツハイマー性認知症が代表的であり、脳の機能低下に伴うものや体内のバランスの乱れなども原因となります。

うつ病の主な症状としては興味を感じていた事や喜びが消失してしまう、食欲減退や増加などが主な症状としてあります。

その他に憂鬱な状態であると、うつ病となりますが性格的な部分もあり、必ずしもうつ病となるわけではありません。

逆に性格が原因かもしれない、とうつ病であるのに受診しない等判断を誤る場合もありますので注意が必要です。

他にも睡眠障害や強い焦燥感を感じたり、動きが遅くなる、などといった症状もうつ病症状として上げられます。

忘れやすさや気力の減退も症状の1つであり、気力が低下していますので、すぐ疲れてしまう、といった場合もあります。

また罪責感や思考力、集中力も低下し、気分の落ち込みの激しさから自殺願望も出てきてしまいます。

行動する力自体は低下するのですが、逆に思い切りがよくなってしまう場合もあるのも、うつ病の特徴です

MENU一覧

当サイトのご意見ご感想はこちらのメールフォームお願いします。

名前

メールアドレス

本文